2020年

2020年 · 2020/08/10
ロマ書は、ここだけ読むとずいぶんと高尚な話のようだが、前後を読み合わせると、こんなものを食べてよいのか、食べてはならないのではないかという話の中に置かれている。

2020年 · 2020/08/06
イエスが再び町にやって来られたようです。おそらく場所はカファルナウム、ガリラヤ地方に位置する町で、イエスは弟子の家に滞在されました。聖書を読むと、その家に「群衆」が押し寄せています。

2020年 · 2020/08/04
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、大学では急きょ春学期の授業はオンラインとなりました。 非常勤で担当している各大学のシステムがそれぞれ異なっており、送られてくるマニュアルと格闘する毎日が始まりました。

2020年 · 2020/07/29
 今日(7/26)の特別伝道集会には、関西学院大学神学部助教授の橋本祐樹先生におこしいただきました。  最近は新型コロナの蔓延と梅雨の長雨に心晴れにくい日々を過ごしていましたが、橋本牧師の爽やかな笑顔が溢れる説教で、私たちの心の中の暗雲を遠ざけていただきました。

2020年 · 2020/07/28
週報を読んで驚いた方もあると思うが、昨年末に「もう十分ここで働いた。」という声が聞こえた。還暦頃からいつ退くかを迷っていた私には決断を促す声であり、それを受け入れた。中継ぎ投手の役割は終わった。次の投手に引き渡すことで、私は役割を果たせるという思いになった。

2020年 · 2020/07/20
 今日の個所では、ヤッファにはすでにイェスを信じる人々がいたことになっている。これは結構不思議なことで、イェスグループくらいの規模であれば、頭を潰せば、残りは消え去るものだ。

2020年 · 2020/07/13
小説でも映画でも、何らかの形で対立と葛藤が描かれている。アクション映画なら、正義の味方と悪の組織、私小説でも自分自身の内面の葛藤という風に、対立するものがあり・・・・

2020年 · 2020/07/07
ここ蒜山高原の冬はとても厳しいのです。時には腰までの雪が一晩で積もることもあるのです。そんな時、わずか15分ぐらいの道のりを「大丈夫だ」と過信してはいけません。

2020年 · 2020/07/06
終末は、いろんなイメージで描かれるが、始まりについては、大昔の映画『天地創造』くらいのイメージしかない。やがて終わりは来るのだから、むしろ始まりについて考えてみよう。

2020年 · 2020/07/02
スティホームの時間に自宅で映画(DVD)を楽しまれた人もおられると思います。 私には何回観ても新たな感動を覚える映画があります。

さらに表示する